第7話:凡イカとデス記録と分析~2月編~

スプラトゥーン コインケース

愛するヒーローマニューバーに捧ぐ。

 

マンメンミ!

ヒメちゃん、おめでとー!!!!!

ちなみにヒメ陣営に所属していたのに、あろうことか負け越したとは言えない。

 

祝福しかない嬉しさに満ち溢れた前置きは短めにして、今回は前回(1月記録分)の予告通り、2月分のデス記録を12月・1月記録分と比較して、改善・悪化・現状維持の三点に分けて振り返ってみたく!

デス原因調査書

改善部門

問題発見か!?「撃合い負け(エイム)」

  • 12月……27回(14.6%)
  • 1月……23回(31.1%)↑16.5%
  • 2月……22回(24.4%)↓6.7%

まあ回数とも鑑みれば、改善とはいえ誤差の範囲内だと思う(自戒)。

エイムを合わせるのに時間がかかる、という正にエイム力の低さの原因について、最近ちょっぴり気づいたことをば。

どうもワタクシ、必要以上にRスティックを多用しすぎな気がしていてならない。

具体的に言うと、イカの通り。

  • ちょっとしたズレもRスティックを使って修正する。
  • 左右を確認する時も幅にかかわらずRスティックを使う。
  • むしろ、左右の動きはほとんどRスティックを使っている疑惑

いやいや、何のためのジャイロだよ……!

あと、文字通り視点は変わるけども、観戦していた妹(断然上手い)にも言われたんだよな。「お姉ちゃんの画面、ものすごく酔うんだけど」

すげー真顔で言われた。すげー真顔で言うなよ、すまんて。

ちなみに妹のメインの持ちブキはボールドマーカー。マニューバーみたくスライドが無いとはいえ、短射程ブキなのでそこそこ目まぐるしい動きもするし、前線でガンガンキルを取る恐ろしいイカ。ワタクシ同様、妹は実況動画も好んで見るので、他者のプレイ画面に特段酔いやすいわけでもない。その強イカに「酔う」と言わしめる凡イカの画面……えっ、これ、結構マズイやつじゃね……?

 

というわけで、Rスティック多用疑惑の件もあり、実況動画の中でも、「手元動画」なるものを複数見てみる。実際のプレイ画面と同時にコントローラーを持つ手元を一緒に映してくれている実況動画のことな! すげーな最近の動画事情。なんでもある。

嫌な予感は当たるもの。そう、上手いイカは必要以上にRスティックを触らないのである。

というと、実はちょっと語弊がある。簡潔に言おう。ワタクシが必要以上にRスティックを触りすぎなのである……!!

そして且つ、ジャイロを使わなさすぎ。たぶん、初期にジャイロで酔いすぎてもっと操作もエイムも覚束なかった頃の恐怖感が、未だに意識の底にこびりついているのではないかと推測。それぐらいジャイロに頼らない。

あと原因として考えられるのはもう一つ。ワタクシのアクションの基礎となったMHXX(3DS版)と、イカを始めた頃と同時進行していたゼルダBOTW(Switch版)は、ジャイロ操作でないので、全部ボタンやスティックで視点操作をするんすよ。たぶんこの癖が、悪い方面に働いてしまった感ある。

 

一向に改善及びプレイ全般の上達の兆しが見られない原因。まさにここにあるのでは……?

というわけで、3月以降は急遽「ジャイロをもっと意識的に使おう!」キャンペーンを実施します!

加えて、「Rスティックを使わない意識をする」という極端キャンペーンも同時進行で。いや、実際Rスティックは使わなきゃ駄目だかんな? でも、Rスティック無駄に多用勢には、これぐらい極端な意識でないとすぐRスティック触るから、意識づけのためにちょっと強めに自己暗示してみるスタイル。

やー、慣れない内は更に酷い目に遭いそうだな……。いや、これも矯正及び上達の為……!!

 

予断を許すな!「自分VS相手複数」

  • 12月……20回(10.8%)
  • 1月……14回(18.9%)↑8.1%
  • 2月……15回(16.7%)↓2.2%

1月よりは改善したものの、割合で見ると初期の12月より悪化したままである。

味方の位置把握はかなり自然にできるようになったので、今後の課題は敵の位置把握。

マップを開くのも一つの手とはいえ、画像瞬間記憶能力に欠ける上に、マップを開いて見ていたら接近されて見事にキルされました、なんて事態になったら目も当てられないので、正直ちょいとお悩み中。

他に頼る要素は、音・画面上表示・視界そのものの三つ。ただ、音に関してはそれこそ潜伏されていた場合に対処のしようが無いので、やはり頼れるのは視界からの情報。

相手の姿を見つけて視界の隅で追い、姿が見えなくなったor見失った時こそ最大警戒のサイン。裏取りか潜伏か、ステージの地形も踏まえた予測が必要となってくるので、位置把握だけでなくステージの研究も是非しておきたいところ。どうしても、無意識に回数を重ねるだけだと自分の行動パターンしか頭に入ってこなくなるからな!

 

今回もおまけで避けました!「ボム部門:避けきれないタイプ」

  • 12月……9回(4.9%)
  • 1月……2回(2.7%)↓2.2%
  • 2月……1回(1.1%)↓1.6%

前回触れたのでノリで取り上げてみただけ。

ちなみにそこそこボムは避けられても、避けられない位置にボムを投げるスキルは無い。クイボで意図的に狩れた試しがないものの、チキン戦法牽制手段としては大活躍しています。わあい!

 

悪化部門

逆戻り!「イノシシ戦法」

  • 12月……45回(24.3%)
  • 1月……11回(14.9%)↓9.4%
  • 2月……17回(18.9%)↑4.0%

一桁台を目指すんじゃなかったのか先月の自分……ッ!!(自戒)

悪化部門全般に言えることだけども、改善部門の数値に対して悪化部門の数値の上り幅がそこそこ大きいのが痛い。

イノシシ戦法も、前述の「自分VS相手複数」の敵位置把握等の対策でカバーできるデス原因だと思っているので、次月は更に用心を重ねて気をつけていきたい。

 

警戒力悪化「見逃してくれなかった」

  • 12月……26回(14.1%)
  • 1月……2回(2.7%)↓11.4%
  • 2月……8回(8.9%)↑6.2%

意外にも、「イノシシ戦法」を抜き、全項目で最も悪化率が高かった。前回改善率が最も高かっただけに、この悪化は非常に厳しい。

警戒力が悪化しているところに、安全地帯まで撤退する(無理せずに一旦下がる)という行動ができていない証でもある。

 

意識改善必須に「不意打ち」

  • 12月……9回(4.9%)
  • 1月……4回(5.4%)↑0.5%
  • 2月……9回(10.0%)↑4.6%

前回は僅かな差であったが、今回は大幅な悪化。

今回は通り魔的なデスではなく、目の前の相手に躍起になっていたら死角からカバーされて一瞬でデス、という場面が目立った。敵の位置把握もそうだが、そこそこ長い時間目の前の相手と対峙していると、カバーに入られやすいという点に留意したいところ。

対面を短時間で済ませられるほどのエイム力が無いのは百も承知なので、まずは真正面からの対面自体を減らしていく意識が最重要。

 

現状維持部門

「相手射程内(短射程)」

  • 12月……13回(7.0%)
  • 1月……5回(5.4%)↓1.6%
  • 2月……6回(6.7%)↑1.3%

「相手射程内(長射程)」

  • 12月……10回(5.4%)
  • 1月……3回(4.1%)↓1.3%
  • 2月……4回(4.4%)↑0.3%

両者とも回数自体は1回のプラスだが、改善傾向から悪化傾向にシフトしたのがやや怖いところ。

裏を返せば、射程面での警戒に進歩が見られないという点としても挙げられる。前述の各項目で警戒力が下がっている傾向からも、油断のできない2項目となってしまった。

 

次回予告

イカがだっただろうか?

まとめると、2月は「警戒力の悪化」が最も大きなデス要素だと思われる。特に、敵に対する意識が1月と比べて薄れている点が、我ながら恐ろしい。

また、永遠の課題と思われていたエイム力に関しても、「Rスティックの乱用=ジャイロ意識の低さ」という点を炙り出せたのは大きな収穫。

この二点を踏まえて、3月はジャイロ操作を意識しながら敵への警戒力を高めていくミッションを…………やること多いな!!

果たして凡イカに、この二大デス要素を改善する立ち回りができるのか!? そして、平日に継続的にイカタイムを捻出できていないリアルの立ち回りも改善できるのか!? ちくせう、追い打ちの如く、3月の定休日ガンガン削りやがって……!(血涙)

 

次回は、もう一個自分の中で勝手に流行っているもう一つのキャンペーン「ダイナモ要素4%のイカによる金ダイナモ☆キャンペーン」をお届け予定。自分で言うのもなんだが、どうしてこう、味方に居るとちょいちょい嫌がられやすいブキばかり使いたがるんでしょうね。業が深い。

リアルの悲哀こもごもの真っ只中ではございますが、今後も生温かい目で見守ってくだされば幸いにて至福!

それではまた、皆様のイカタイムの徒然のお供になれましたら!

↓To be continued!!!

ダイナモローラーテスラ スプラトゥーン2 Splatoon2
不器用な我が凡イカに捧ぐ。 マンメンミ! さて、普段はヒーローマニューバーを愛してやまない凡イカであるワタクシ。 しか...

 

関連記事

スプラトゥーン コインケース

第0話:浪漫こそ正義!凡イカと英雄の二丁拳銃~幕開け~

スプラトゥーン コインケース

ヒーローマニューバーと凡イカの奮闘の立ち回り研究記録#008 デス記録と分析~3...

スプラトゥーン コインケース

第5話:凡イカの初☆ガチマッチ~光れ!英雄二丁拳銃~

スプラトゥーン コインケース

第3話:凡イカと鮭バイトと動画とデス記録~全ては英雄二丁拳銃への愛~

スプラトゥーン コインケース

第4話:凡イカとデス記録と分析~12月編~

スプラトゥーン コインケース

第2話:スライドできない凡イカと英雄二丁拳銃の修業