第4話:凡イカとデス記録と分析~12月編~

スプラトゥーン コインケース

愛するヒーローマニューバーに捧ぐ。

 

マンメンミ!

 

さて、やってまいりました! またもやヒロマニュ色フェス!!

前回のフェス「アクションVSコメディ」がヒロマニュ色だったので、今回は違う色かなと思っていましたが、まさかの二回続けてヒロマニュ色! もう公式もヒロマニュ推しと言っても過言ではなかろう!

 

ヒロマニュに振り向いてもらうべく奮闘するイカとしては挑戦者を選ぶべきなのでしょうが、如何せん主人公の敵サイドとか魔王とかに惹かれてしまうタイプなので「王者」を選びました。ところで魔王ってなんだよ。

 

Twitter民なので仕事帰りにフェス情報を知り、最初から王者チームを選ぶ気満々で帰宅後にハイカラスクエアにINして恒例のフェス前臨時ニュース。

「えっ……ヒメちゃん、ちょうそれわかる……」

かつて、王者にこれほどまでに感情移入し熱く語るイカが居ただろうか。いや、居ない。てかヒメちゃんも魔王と勇者だったら絶対魔王派でしょ。断言してもいい。

オレはヒメ様についていくぜ! 王者なのに五連敗中とか気にするな!

ヒメ様を女王にするのは我々イカの民。野良イカども、気合入れていくぞー! おー!

 

とはいえ、気合だけではどうにもならないのが凡イカが凡イカたる所以。

フェスに熱く盛り上がりつつ、クールに恰好つけるためには相応の立ち回りが必要。これでこそ王者の貫禄ってもんよ。

というわけで、前回でご紹介した「デス原因記録調査表」について、今回は12月分の結果を見ての感想と簡単な分析を綴っていきたく!

「デス原因記録調査表」の活用法

まずは、「デス原因記録調査表」ってなんぞ? という方は前回の記事、最後の項目で触れているのでご参照いただければ。

具体的な活用の流れをまとめると、

  1. デスした瞬間にキャプチャボタン長押しで30秒動画を撮る
  2. その日のイカタイム終了後、その日撮り溜めたデス動画を1つずつ見返して、デス原因毎に集計。確認した動画はその場でさくさく消去。
  3. その日一日のデス原因結果を反省するも良し、プレイ総数やデス総数が少ない場合は数日~一週間分を記録し終わってからでもOK
  4. 一か月間の記録が終了したら、改めて月間のデス傾向を確認。回数の多いもの、また5回以上のものに着目し次月の立ち回りに活かしてイカしたイカになる!

という感じ。試射場でのスライド練習や鮭バイトでの立ち回り練習が予習なら、ナワバリに潜って記録し振り返るというこの一連は実践&復習になるのかも。

 

では実際に表を見ながら、ワタクシの12月の結果から読み取れたことを挙げていきましょー!

 

突出している項目第一位!

デス原因調査書

イノシシ戦法……45回(24.3%)

予想を裏切らない原因栄えある第一位。たぶん栄えちゃ駄目なやつ。

「イノシシ戦法」とは、周囲の状況を全く省みず、または熱くなりすぎて視界に入らなかった結果、無闇やたら=猪突猛進に突っ込んでしまい狩られた結果を指す。

動画を見返して、他の要素がないかチェックしても見当たらない場合、大体ここになる。

ちなみに、あまりに多すぎた&定義がざっくりしすぎていたので、12月半ばから「射程」に関する項目を分離追加した。なので、初期に記録したデスに関しては、射程が原因のものもあったかも。

 

ヒロマニュは前線で戦うことも多いとはいえ、人数不利の状況は特に把握して、やや前線から後退しスペシャルを溜めながら味方の復帰を待つぐらいの冷静さを持てないと、たぶんこの回数は増える一方。

 

しかし、最も回数が多いからこそ、単純計算すれば2回に1回気をつければ半分減る計算になる。

改訂後に記録を付けた1月の結果に期待。

 

予想外!? 無視できない次点3つ

デス原因調査書

撃合い負け(エイム)……27回(14.6%)

わかっちゃいたが永遠の課題だコレ(遠い目)。

それ以上に、「イノシシ戦法」に近い数字かと予想していたこともあり、意外に少ないという点でかなり予想外。いや、多いけどね?

 

ここで言う「撃合い負け(エイム)」とは、①一対一、②互いに射程圏内、の状況下での撃合いを指す勝負がエイム力次第となるので凡イカには非常につらい場面

 

ここの原因数字を減らすには幾つか方法があると考えられ、大別すると以下の2つ。

  1. エイム力を鍛える
  2. エイム力で勝敗がつく状況を作らない、避ける

1.は一朝一夕でどうにかなるものではなく、長期的な訓練を継続することが必須。

2.に関しては、できるだけ味方が近くに居るよう行動する、相手の不意を突く立ち回りを意識する等、意識で改善できる点が多いので、こちらをメインに改善すると数字は改善するはず。

 

ただ、エイムがあまりにもぶれる場合は、単純な訓練以外にもカメラ・ジャイロ感度の見直しを図るのが吉。

 

見逃してくれなかった……26回(14.1%)

潜伏や移動中に相手のクリアリング等で見つかってしまい、追い詰められて逃げきれず(または反撃しきれず)負けるシーンを指す。

個人的には、「撃合い負け(エイム)」とほぼ同数だったのが完全に予想外

 

相手のクリアリングで見つかるということは、相手が「敵がそこに居るかも(通るかも)しれない」という前提であり、それで発見されているということは、直接的ではないにしろ相手に動きが読まれている事実に着目すべき。

 

自分VS相手複数……20回(10.8%)

自ら相手2人以上のところに突っ込む(←イノシシ戦法該当優先)というよりは、一対一で戦っているところに相手がもう1人参戦してくる場合の状況が多いのが特徴。

こちらも、「撃合い負け(エイム)」と同じく20回台に乗ったのが完全に予想外

 

相手を早めにキルできていない点は否めないが、味方が落ちているのに気づかず前線に居座る→駆けつけた相手に袋叩きに遭うパターンが多いので、特に味方が倒された位置と現在自分が戦っている位置が近い場合は特に要注意

 

改訂後に浮かび上がった項目3つ

デス原因調査書

不意打ち……9回(4.9%)

死角から出てきた敵に気づく間もなく狩られているパターンがほとんど。

発生場所は前線や中央ではなく、相手インクの多い相手陣地側やリスキル目的で侵入されている味方陣地側が多い。

 

主な原因はクリアリング不足と裏取りへの無警戒によるもの。

遠くのチャージャーに一瞬で射抜かれている場合は、無警戒に姿を晒していることが原因なので、潜伏は非常に効果的。

 

相手射程内(短射程) ……13回(7.0%)

ヒロマニュの場合、ローラー・ボールド・モデラ―・筆が主に該当。

勢い余って相手の射程圏内に突っ込むor身軽なブキに距離を詰められて負けるパターン。前述の「イノシシ戦法」に近いものの、特に相手の射程を考えずに近づいていた場合はこちらに該当させている。

 

上で挙げたブキはどれも弾が拡散するタイプなので、スライドで左右に避けてもあまり意味はないので要注意。

代わりに引き撃ちにしたところ、対面がぐっと強くなったので1月で結果が減らせているかが非常に楽しみな項目でもある。

但し、ローラー相手の場合は引き撃ちにすると縦振りが飛んでくるパターンが非常に多いので、ローラー縦振り範囲内まで引いたら、相手が振り下ろすタイミングに合わせて左右にスライドをすると効果的

ヒロマニュは意外と射程が長く、後述の長射程相手より対処がしやすい印象。

 

相手射程内(長射程) ……10回(5.4%)

ヒロマニュの場合、プライム・デュアル・ジェットが主に該当。チャージャーに射抜かれた場合は、自分が相手チャージャーの位置を把握している場合に該当。

チャージャーの不意打ちは除く。

こちらも「イノシシ戦法」に近いものの、相手の射程を考えずに近づいていた場合にこちらに該当させている。

 

パターンとしては、突っ込んだはいいものの、自分の弾が届かない位置から相手に一方的に翻弄されて負ける場面。スライド程度の左右の幅では避けきれない場面が多いので、前提として正面から突っ込んだらまず負けると頭に叩き込め……!(自己暗示)

 

正面から立ち向かわない立ち回りを前提とすると、①真横か背後から近づく、②マルチミサイルでポジションから退かせたところを仕留める、の凡そ二択の対処法。

最悪逃げきれない場合はクイックボムで牽制するのも一手。自分が沈んでもクイボの直撃か爆風が入っていれば、駆けつけた味方が倒しやすくなる

 

次回予告

イカがだろうか? 立ち回りだけでレポート一個完成できるんじゃないかと書いてて思った。いやほんと、奥深き道よ……。

 

ちょっと文字が多くて見づらい、文字だけだとイメージが湧かない、というイカが多数だと思うのでお手本のようなデスシーンが撮れたら赤っ恥覚悟でTwitterに投稿してこちらに埋め込んでおきますので、お暇な時に再度覗いてやってください。まあ、これ読みにお越しになってる時点で物好き分析好きだとは思ってるけどな! ありがとよ!!!(スライディング土下座)

 

最近ナワバリでも体感でマニューバーが増えてきて、物陰で狂喜乱舞しています。たぶんアブナイ奴ではないです。

ただ、もうちょいヒロマニュ増えてもいいんじゃないかな! さあ、皆もヒーローモードで全ステージクリアしてマニューバーでもう一周した上でブキチから購入してヒロマニュ担ごう!

 

次回は、「凡イカ、遂にガチマッチ参入!? ナワバリで培ったウエデマエや如何に!」という、ひたすら凡イカがぎゃーぎゃー叫びながら楽しんだガチマッチの模様を綴っていければいいな!

あと冗談抜きで、この記録・分析はガチマッチに活きていた。継続は力なり。

 

それでは次回、待たれよください! マニュ強化アプデ後初となる今回のフェスは節分。王者も挑戦者も是非一度はマニュを担いで、南南東を向いてレッツプレイ!

↓To be continued!!!
http://kakureoni-days.com/ilove-heromaneuver05/

 

 

関連記事

スプラトゥーン コインケース

第5話:凡イカの初☆ガチマッチ~光れ!英雄二丁拳銃~

スプラトゥーン コインケース

第2話:スライドできない凡イカと英雄二丁拳銃の修業

スプラトゥーン コインケース

第0話:浪漫こそ正義!凡イカと英雄の二丁拳銃~幕開け~

スプラトゥーン コインケース

第3話:凡イカと鮭バイトと動画とデス記録~全ては英雄二丁拳銃への愛~

スプラトゥーン コインケース

第1話:英雄の二丁拳銃に恋をしたのは凡イカでした

スプラトゥーン コインケース

第6話:凡イカとデス記録と分析~1月編~