第2話:スライドできない凡イカと英雄二丁拳銃の修業

スプラトゥーン コインケース

愛するヒーローマニューバーに捧ぐ。

 

マンメンミ!

まずは「アクションorコメディ?」もとい、ヒロマニュ色フェスお疲れさんしたー!!

いやあ、気合で振替休日をもぎ取って参加したフェス、ちょう楽しかった!

そして、明日10時にアプデを控えた前夜、イカがお過ごしでしょうか。

いええええええええええええええい!!!!(某池崎氏風)

ちまちま地味に強化されるマニューバー、もう有難すぎて感涙に噎び泣くほかなくない?

エイム力に欠けるワタクシ凡イカにとっては朗報。いや、修正が入るということは実は今まで結構難しかったんじゃない?(ポジティブシンキング)

 

楽しみすぎて仕方がない前座はここまでとして、前回の予告通り、課題のうちの一つ目「試合中にスライドを自在に発動できない」を克服すべく、低スペックの凡イカが取り組んだスライド修業内容について、綴っていきます。

スライド自在に発動できない問題

さて、この問題について前回でも掘り下げた4点がこちら。

  • スライド撃ちしたい場面でスライドが発動しない。(ジャンプしてしまう)
  • 連続スライドしなくていい場面で連続スライドしてしまう。
  • 思った方向にスライドしない
  • スライドしたイカ本人の素早い動きに、自分の目がついていかない

 

自戒の念を込めて最初に記しておくと、こんな複雑な操作を試合中にやろうとするんだから、ちょっと試射場で練習するぐらいじゃ凡イカには絶対に無理。

なので、ずは徹底的にボタン操作を手に覚え込ませることが重要

その練習に最適だった練習方法の動画がこちら。試射場で誰にも迷惑かけずにできるのでおすすめ!

いやあ、これで劇的に変わりました。本当に。

 

動画自体はスライドエイム練習と銘打ってありますが、初歩の初歩であるボタン操作を手に覚え込ませるのに本当に最適。これ何度でも言う。

 

補足しておくと、これを始めた当初で既に心が折れそうになる程度には凡イカでした。いや、むしろ凡イカではなく凡以下なのでは……?と真実に気付いてしまう程度には下手だった。

 

具体的に言うと、スライド出来ずにジャンプしちゃったり、熱くなりすぎて二回スライドしちゃったり、スライド後の位置取りを考えずにスライドすることで次の的風船まで距離が足らなかったりと、全部綺麗に割れるのは10回やって2回できるかどうか

 

ただこれ、要するに、最初に挙げた掘り下げ3点の対策が全て盛り込まれているという最適解っぷり

 

ちなみにワタクシが苦戦しているのを見て「ちょっとやってみたい!」と割り込んできた妹は2分足らずで習得してました。おお、神よ……。

 

掘り下げ最後の4点目「スライドしたイカ本人の素早い動きに、自分の目がついていかない」についても、この練習を繰り返すことで段々と目が馴染んできます。

自分の目が追いつかない原因を更に掘り下げると、

  • 自分がスライドで移動する幅を理解していない
  • スライド方向をコントロールできていないので、自分の目にとってセルフ不意打ち状態になっている。
  • 間違って二回スライドした時も、自分の目にとってセルフ不意打ち状態になる。

単純に動体視力が悪いという点も否めないものの、凡その原因は自分で自分を振り回しているので、結果的に目が追いついていないという事態に陥る、ということ。

 

そして嬉しいことに、これは何よりエイム練習を兼ねているので、この連続スライド撃ちが無理なく成功できるようになる頃には、ちょっぴりエイム力も上がっているかも!というおまけ付き。やったね!

 

ジャイロ・カメラ感度はイカそれぞれ

結論から言いましょう。

「動画を上げてくれるほど上手いイカは大体ジャイロ感度が高いが、真似して突然+5にするとスランプの原因になることがある」

 

ワタクシの場合、見事にこれで一時期スランプに陥りました。

第一、動体視力が悪いのによく+5で粘ったな当時の自分。

 

一般的に、長射程はジャイロ感度低め、短射程は高めに設定するとエイムも合いやすいと言われていて、基本はその通りだと思います。

マニューバーは特に、エイム合わせとなるとスライド後にぴたっと合わせなければならないので、高めのジャイロ感度が推奨されていて、マニューバーが上手なイカの動画を見ているとほぼ感度+5です。

 

なので真似して+5にしたら、本当にえらい目に遭った。

このスランプの時期は、スライドがある程度扱えるようになった後なので、余計に気付くのが遅かった。

スライド練習ではそこそこ合うのに、実戦になるとやたら外す。それこそ最初は静止物とイカ相手の違いかと思っていましたが、ふと試しに+3まで下げたらめちゃくちゃエイムが安定するようになりました

 

そりゃそうだ。動体視力悪いってわかってたのに、むしろ自ら条件を厳しくしていた結果だと気づくのが、ちょっと遅かったけどよく気づいたな自分!!偉いぞ!!

 

ジャイロ感度・カメラ感度の合わせ方については、YouTubeに色々な方が動画を上げてくださってるので、そちらを参考にして自分の感度を探してみてください。

ちなみにワタクシは現在ジャイロ+3、カメラ+1.5ですが、先日のフェス(アクションorコメディ)でエイム力原因の撃合い負けが多すぎたので、近日見直す予定です。まだまだ進化したいぞ!

 

モチベーション対策と気分転換

ただ、試射場での練習は地道で地味だし、なにより孤独なもの。上手くいかない時なんて余計に苛々する時もあるというもの。しょうがないじゃない、イカだもの。

 

なので、これが7~8割の確率でできるようになったらナワバリで実践してもいい頃合いかなと考えてます。理由はイカよろしく~!

 

モチベーションの確保もスライド練習と同じぐらい大事!

百発百中もとい完璧を推奨しないのは技術面ではなくモチベーションという精神面に関わってくるから

 

「完璧にできるまでバトルには潜らないぞ!」とか思うのは、お節介ながら止めたほうがいい。それを言ったら、まず凡イカはいつまで経っても試射場から出られない危険性と直面する。加えて、

完璧を追求するあまり試射場での練習が厭になる

→スライドを操れないまま潜る

→相変わらずの負け率

→マニュもバトルも厭になっちゃう

というどん詰まりまっしぐらロードが待ち受けている気しかしないので、ほんとうに止めて。

 

ワタクシはこういった地道な練習は苦にならない性格だったので7~8割程度と推奨しましたが、「地道な練習はあんまり性に合わないんだよなぁ」とお悩みの場合は5~6割程度でもいいかも。

じゃあ、モチベの維持にはどうしてるのって件は、再度イカよろしく~!

 

気分転換も練習のうち!急がば回った先に別の恩恵も

ちなみに気分転換にはサーモンランがものすごくお勧め

理由は次回でメインの話題にする予定ですが、サーモンランは「立ち回り」を学ぶのにものすごく優れた仕組みだから

後は単純に、マニューバー以外のブキを使うこと自体が気分転換にもなるしね!。

いやあ、いくらマニューバー大好きでもマンネリ化しちゃうほうが悲しい。練習しすぎてちょっと飽きちゃうこと自体は悪いことじゃないし。だってイカだもの。

大体、「飽きるほどマニューバー練習してる自分すごくね??」ぐらいのポジティブでエンジョイするのがだいじ。

 

ちなみにワタクシは試射場時点で調子が悪いと、「今日のヒロマニュちゃんはツンデレに磨きかかかってるな~//////もう簡単に懐かないヒロマニュちゃんほんと尊い/////気位高いし美しいし可愛いしもうヒロマニュちゃんサイコーかよ//////」

と、気持ち悪い愛を全開にしています。参考にどうぞ。

 

 

話を戻して。

もし鮭走シフトが無ければ、ナワバリにマニュでちょろっと潜るか、全く扱いの異なる系統のブキでナワバリで遊ぶのがおすすめ

ちなみにワタクシは、ヒーローローラー(スプラローラー)をメインの気分転換用ブキにしてます。

シューターは初期の気分転換にはおすすめできないという結論。

なんだかんだでシューターとマニューバーて扱いが似てくるので、気分転換を前提にするとあまり変わり映えがしないかなと。あとシューターのが単純な分エイム力が必要な気がするから、スライド時点でひーこら言ってる凡イカには向かなかった(実経験より)

チャージャーはエイム力の塊が必要とされすぎだったので挫折しました。

 

以下、気分転換ブキ一覧。

スライドに慣れてきた頃用に、シューターとスプ系以外のマニューバーも載せておいたぜ!

 

スプラローラー(ヒーローローラー)

  • 見た目が「塗りは任せろ」と言っているが完全に詐欺だと思ったブキNo.1(おい
  • 塗り性能だけで言ったら、シューターとマニューバーのほうが多分塗れるはず。
  • クイックボムに慣れているとカーリングボムのインク消費量にびっくりするので、ギアにサブ効率をメインで1個積んでおくと動きやすくなる
  • スライド練習の合併症で、よくジャンプが発動し縦振りになる。縦振りめっちゃ楽しい。ただ、縦振りのほうが隙が多くエイム力も必要なので、横振りを忘れずに使えると気分転換の幅が広がる。でも縦振りは本当に楽しい。
  • スペシャルもスーパーチャクチなので発動が楽スティック押し込むだけでいいから難しいこと考えなくていい。ほんと気分転換向き。
  • 短射程に分類される上に動きがマニューバーより遅いので、自分より射程の長いブキ(てか大体長い)に狙われそうになったら迷わず距離を取って縦振りで牽制すると生存率が上がるぞ!

 

パブロ、ホクサイ系

  • 筆を振り回すイカちゃんが最高に健気で可愛いブキ。
  • エイム力はさほど要らない分、相手の射程に気をつけないと気がついたら相手インク色に溶ける点に注意すれば大体楽しい。
  • 特にパブロの場合は、危険を感じたら逃げて立ち向かうより押し込んだままシューって逃げたほうがずっと生き延びるシューってしてるイカちゃんが本当に可愛い
  • 振り回して塗る性能はそこそこあるので、連打力に自信があるならよりおすすめ。

 

ヒッセン

  • 一時期は環境強ブキとして色々な意味で話題になった。漢字で書くと「筆洗」
  • エイム力がさほど要らない上に射程も長く、サブもヒロマニュと同じクイックボムなので使い易さはフデより上かも
  • 自分より高台に居る相手に対しても、下からばっしゃばっしゃして牽制がしやすいのも利点。ただ、調子に乗って近づきすぎると呆気なく溶けるので過信は禁物。
  • スペシャルはインクアーマーなので、こちらも押し込みだけなので楽。塗り性能も高いので、塗ってインクアーマー回すだけでも味方に貢献できるのが安心ポイント

 

N-ZAP85(通称:黒ザップ)

  • ZAPの赤くないほう機動力の高さと連射の速さは初心者でも安心。
  • サカサカ動いてバババババと連射できるので塗り性能は抜群スペシャルはインクアーマーなので、筆洗と同じく塗ってアーマー回すだけでも味方に貢献できる。
  • ヒロマニュと射程がとても似てる&直撃確4という共通点があるが、当然ながらスライドはできないので、日頃の合併症で対面になるとやたらぴょんぴょん跳ねる愉快な黒ザップと化す。
  • サブはキューバンボムなので、こちらもクイボに慣れているとインク消費量の高さにびっくりする。スプロラと同じく、インク管理に慣れないうちはサブ効率を積んでくると安心

 

スパッタリー・ヒュー(青いほう)

  • なんかよくわからんけども、めちゃくちゃ楽しいぞこれ!(語彙力)
  • ヒロマニュもそこそこ嫌がらせブキだと思っていたものの、それを遥かに上回る嫌がらせ能力を持っているので、使い方次第でものすごく陰湿な悪役プレイができる。
  • サブのポイズンミストで通路を塞ぎ、アメフラシで道を塞ぐダブル通せんぼ力に特化しているので、味方のサポート役としても十分。エイム力があれば、プラス持ち前の攻撃力の高さでキルを取って人数有利に持ち込むという最強の悪役になれるちなみに凡イカなのでエイム力はお察し。
  • ヒロマニュより射程が短い点で塗り能力にも差があるので、アメフラシをガンガン回すならメイン効率かスぺシャル増加を積むとゲリラ豪雨しやすくなった印象。
  • 略称は「青スパ」か「スパヒュー」、どっちが多数派かな? と密かに楽しみにしてる。

 

スライド修業の流れと成果

  1. スライド練習。7~8割の精度になるまで試射場で黙々と基礎練。手にスライドの感覚と癖をつける
  2. ヒロマニュでナワバリに潜る。バトル中にスライドが使えているかどうかの確認をする。

基本的には1と2の繰り返しで、飽きたらサーモンランや別ブキで気分転換をしていました。

社会人だとどうしてもプレイ時間が限られてしまうので、直接ナワバリに飛び込みたい気持ちは、当時のワタクシにもありました

ただ、スライドをまともに使えない状態では折角飛び込んだナワバリも消化不良のまま終わってしまいそうだったので、基礎練は毎度必ず怠らないようにしていました。

 

結果、修業開始から一週間半程度でバトル中に難なくスライドが使えるようになりました!

やったー!これで「劣化二丁シューター(笑)」とは言わせないぞ!

 

基本的なスライドが習得できた現在でも、ナワバリに潜る際には必ず基礎練をしています。

なにより、ヒロマニュとの貴重な二人きりタイムですからね……ふふふ……。

 

あと、当時のワタクシは練習方法が分からずに様々な記事や動画を漁っていたわけですが、ある程度スライドができる状態でナワバリに潜ると、「こんな場面に対応したい!」と自分なりの課題が発生するわけで。

そこから、先に紹介した練習動画を基にして、自らパターンを考えることができるようになってきました

ちなみに試射場に籠っているだけだと、実戦で使いたい応用パターンは到底出てこないので、そういった意味でも完璧を追求しすぎるのは禁物だなと感じます。

 

次回予告

さて、長々とおまけの気分転換ブキについても熱を入れてしまいましたが、スライド練習本体と同じぐらいには気分転換も大事かなと思ってます

ワタクシにとってヒロマニュがいちばん尊いのは前提としても、こんなにたくさんのブキ種類があるのだから使ってみなきゃもったいないでしょ! というmottainai精神でイカ世界を楽しんでおります。

なにより、別のブキを使うと「あ、このブキはこの距離苦手だな」「この射程に持ち込めば有利!」という点も見つかるので、自分がヒロマニュを使う時の参考にもなったり。ふっふっふ。

 

あと、気分転換の一つとして、ヒーローモードで一周した後にもう一度マニューバーで一周してヒロマニュを手に入れて遊ぶのも楽しいぞ!

 

次回は第二の課題「1試合当たりのデス数が多い」について、主に立ち回りの観点から現在も取り組み続けている方法についてご紹介できたらなと思います。

キーワードは「記録」。本当に数字は裏切らないぞ!

次回、待たれよください!マニュ強化アプデ後は、皆も是非一度はマニュを担いでお好きなバトルに飛び込んでくれよな!(必死)

↓To be continued!!!
http://kakureoni-days.com/ilove-heromaneuver03/

 

 

関連記事

スプラトゥーン コインケース

第0話:浪漫こそ正義!凡イカと英雄の二丁拳銃~幕開け~

スプラトゥーン コインケース

第1話:英雄の二丁拳銃に恋をしたのは凡イカでした

スプラトゥーン コインケース

第6話:凡イカとデス記録と分析~1月編~

スプラトゥーン コインケース

第4話:凡イカとデス記録と分析~12月編~

スプラトゥーン コインケース

第7話:凡イカとデス記録と分析~2月編~

スプラトゥーン コインケース

第3話:凡イカと鮭バイトと動画とデス記録~全ては英雄二丁拳銃への愛~