【初心者向け】ダイナモローラーの使い方:基礎練方法~横振りと縦振りに慣れろ!~

スプラトゥーン2 Splatoon2 ダイナモローラー ダイナモローラーテスラ 試し撃ち 練習

マンメンミ!

 

ダイナモローラー系ブキにとって、横振りと縦振りの使い分けは基礎でありながら、練習していないと思いの外できないという、地味でありながら必修項目となる。

マニューバーで例えると、スライドがまともにできないのに戦地に向かい、通常撃ちだけで立ち向かうようなもの。ワタクシはこれになかなか気づかなかったせいで随分と痛い目に遭いました。え、ダイナモローラーの話かって? いや勿論マニューバーもなんだけどな! がっはっは!

とはいえ、生まれながらのセンスがない限り突然使い分けができることは見込めないので、まずは試射場でしっかり手に覚えさせるところから始めよう!

(※リアル多忙中につき、備考は随時追加していきます。スマンメンミ!2018.11.3)

横振りの練習(重要度★★★★★)

ジャンプ無し

ジャンプ有り

備考

特に、ローラーブキを手癖で縦振りしてしまうイカには、縦振りの練習より横振りの練習のほうがかなり重要。

カーボンローラー・スプラローラー・絶滅危惧種ヴァリアブルローラーを少し触った経験があると、横振りでは射程が短すぎるため、縦振りを手癖で連発しがち。自分もそうだったし、たぶんいまでも縦振りを無意味に連発しがちな気がする(息抜きヒーローローラー勢)。

しかし、ダイナモローラーは横振りでもそこそこの射程と火力がある上、曲射が非常に便利なので、手癖で縦振りばかりをしていると非常にもったいないのである。

ボタンの入力順で、横振りで振りかぶってからのジャンプも可能なので、是非練習を繰り返して手に覚えさせたいところ。

縦振りの練習(重要度★★)

備考

無闇やたらに縦振りをしてはいけないと言われるダイナモローラーではあるが、真意としては「横振りもきちんと使え」という意味合いが大きい。

乱発ではなく一振り一振りを大事に使えば、縦振りによる圧倒的な塗り射程を活かし、塗りと圧力を同時に繰り出せるのはダイナモローラーならではの特色。

キルというよりは、威圧や押し込みといった優勢時に使う場面が多いので、味方が足場を確保していてくれる時に活用したい。

横振り&縦振りを交互に練習(重要度★★★★)

横振りが最初のパターン(横振り時ジャンプ有り)

縦振りが最初のパターン(横振り時ジャンプ有り)

横振り時にイカ移動を入れるパターン(横振りが最初・ジャンプ無し)

(↑Twitter投稿内で「イカ速」と表記がありますが、正しくは「イカ移動」です。スマンメンミ!)

横振り時にイカ移動を入れるパターン(縦振りが最初・ジャンプ無し)

(↑こちらもTwitter投稿内で「イカ速」と表記がありますが、正しくは「イカ移動」です。重ね重ねスマンメンミ!)

参考:横振り・縦振りにかかる時間の比較

◆横振り……1.23秒

◆縦振り……1.56秒

(小数点以下1/100秒で計測)

 

 

■サブとスペシャルの組み合わせが安全なダイナモローラーテスラを使ってみたいけど、ギアや立ち回りがわからない……なダイナモ初心者におススメの記事はコチラ↓

ダイナモローラーテスラ スプラトゥーン2 Splatoon2
不器用な我が凡イカに捧ぐ。 マンメンミ! さて、普段はヒーローマニューバーを愛してやまない凡イカであるワタクシ。 しか...

■逃げ遅れがちなダイナモにもぴったり!?ギア「スーパージャンプ時間短縮」のメイン・サブの効果を0.01秒単位で計測&考察した検証記事はコチラ↓

スーパージャンプ時間短縮 ギア スプラトゥーン2 Splatoon2 ヒーローマニューバー
親愛なるヒロマニュに捧ぐ。 マンメンミ! ヒーローマニューバー、もといヒロマニュの修業を続ける中で、色々なギアをお試しで使うことが多...

関連記事

ダイナモローラーテスラ スプラトゥーン2 Splatoon2

【初心者向け】ダイナモローラーテスラの立ち回りとギアを考察!【超重量級の金古美】