【初心者向け】ダイナモローラーテスラの立ち回りとギアを考察!【超重量級の金古美】

ダイナモローラーテスラ スプラトゥーン2 Splatoon2

不器用な我が凡イカに捧ぐ。

 

マンメンミ!

さて、普段はヒーローマニューバーを愛してやまない凡イカであるワタクシ。

しかしそれだけに飽き足らず! ヒロマニュの鍛錬の合間にちまちまと、「かつてスライドすらできなかった凡イカがダイナモローラーテスラを使ってみるキャンペーン」をこっそり開催しておりました。

 

まあ、平たく言えばただのぼっち遊びだったのですが、まあダイナモローラーテスラの扱いの難しいこと。すんげえ苦戦した。

というわけで、折角苦しんだからにはこの苦しみを昇華しなければならない! そしてこれからダイナモローラーテスラを使おうとする良い子だったり良い大人だったりする、ワタクシと同じド初心者の何かの道標となれば幸い。

それでは、アンティークゴールドの美しい超重量級ローラー「ダイナモローラーテスラ」について、イカよろしく~!

基本的な性能(サブ・スぺ・メイン射程)

ダイナモローラーテスラ基本情報

  • サブウェポン……スプラッシュボム
  • スペシャル………インクアーマー
  • キル射程(確殺範囲)……白線約2.5本分
  • 横振り塗り射程………正面:白線約4本分、左右:白線約3.5本分

  • 縦振り塗り射程………正面:白線約5本分、足元~背後:白線約0.3~0.4本分

  • コロコロ塗り範囲………白線約1.2本分

「塗り射程」と「キル射程」の違いに注意!

まずはこちらの動画をご覧いただきたい。

動画内で比較しているスプラチャージャー。塗り射程はほとんどダイナモローラーテスラと同じながら、キル射程は圧倒的にスプラチャージャーが勝っているのがわかる。

つまり、「自分は長射程ブキだー!」と過信していると、あっさり真の長射程ブキに狩られてしまうのである。悲しきかな……。

試射場でダイナモローラーテスラを振ると、思いの外長い射程に安心してしまいがちだが、上記で述べたように確殺範囲は「白線約2.5本」以内となる。是非試射場でその距離感を体感してほしい。なにこれめっちゃ近いやん……。

加えて、この2.5本分というのもなかなかに厄介で、ほんの僅かな前後の立ち位置の差で確殺できなくなる。また、振る際の角度もシビアに影響してくるので、ダメージを負っていないピチピチ新鮮な相手だとまさかの取り逃しや、わりと高確率で反撃を食らいこちらが狩られる羽目になる。

また、ローラーに共通して言えることだが、縦振りだと横範囲が狭い分エイム力が必要とされるので、プレイヤースキルももろに影響してくる。

移動速度・振りの遅さも輪をかけて、「確殺」という面では非常にシビアなブキだということを心得ておきたい。

塗りにもコツが必要!

さて、キルを積極的に狙うのが難しいとなると、塗り面が気になるところ。

この記事を書くにあたって、様々なダイナモ記事を読んだのだが……、

  • ダイナモは塗りブキじゃない!
  • ダイナモは塗りブキだ!

と、現状ではわりと意見が割れていた。

これはどういうことなのか気になる! というわけで、実際に塗りを意識した立ち回りをしてみたところ、なんと双方の意見が理解できてしまった。

塗りダイナモの長所

  • コロコロの塗り範囲が広い
  • 縦振りでもかなり塗れる

塗りダイナモの短所

  • インク管理がシビア
  • 細かい箇所が塗れない
  • 振りが遅く、すぐに塗れない

これだけ箇条書きにするとどうしても短所が目立つので、まあ塗りブキじゃないよね!という結論に至りそうになる。

確かに、短所の下二つ「細かい箇所が塗れない」「振りが遅くすぐに塗れない」はブキ本来の性質なので仕方がないとしよう。しかし、「インク管理」を意識して立ち回れば、初心者でも意外とそこそこ塗れちゃうのである。

というわけで、ダイナモローラーテスラ初心者の最大の壁にして全てのダイナモ使いの永遠の課題「インク管理」を踏まえたギア構成をレッツ考察!

インク管理が難しい!使い始めにおススメのギア構成と立ち回り

ダイナモローラーテスラ スプラトゥーン2 Splatoon2 ギア
  • 頭特殊ギア……カムバック
  • インク回復……………メイン:1個、サブ:4個
  • サブインク効率………メイン:1個
  • メインインク効率……サブ:4個
  • スペシャル増加量アップ サブ:1個

ギアコンセプト『まずは基礎練だ!ミッション:高台から牽制・援護しながら塗れ!』

頭特殊ギア「カムバック」の意外とオトクな汎用性

足も振りも遅く、自分の足場をすぐに確保できない悲しき運命故、何かと逃げ遅れることの多いダイナモにはわりと相性の良い特殊ギア。

また、初心者だから上手く立ち位置が掴めなかったり、立ち回れなかったりするが故に、デスする場面も最初はなかなか減らしにくい。そんな試合でも、カムバックであれば発動機会も自然と多くなるのが嬉しい。

前線復帰(優勢時)

カムバック効果で付与されたイカ速で、華麗且つ素早い前線復帰・立ち位置復帰が可能。立ち位置に戻ったら、更に強化されたメインインク効率を存分に活かす為、1秒でも早く味方のサポートとなるようにばしゃばしゃ振って援護しよう。

安全が確認できるならスーパージャンプで前線一歩手前に戻るのも手だが、相手にチャージャーが居る場合はおおよそ推奨できないので注意。

打開に向ける(劣勢時)・自陣地荒らされ時

前線で味方が苦戦していたり、そもそも前線にあまり居なかったり、自陣周りが相手インク色で荒らされていた場合は、強化されたメインインク効率を活かして塗り返そう。

これまた強化されているスペシャル増加量アップで塗りポイントを溜め、前線に向かう味方に素早くインクアーマーを付与することで、打開を狙う味方のサポートができる。

インク回復(メイン:1個、サブ:4個)

個人的には、メインインク効率とサブインク効率より優先度はかなり高い

ダイナモローラーテスラは、これまで何度も前述しているように、移動速度も振り速度も遅い。その為、一度相手の射程圏内に入ってしまうと何もできずにキルされてしまう。

となると、潜伏して身を隠し隙を窺ったり、イカ状態であちこちに移動するのが基本的な立ち回りとなる。その際に、インク回復を積んでおけば、潜伏時間・移動時間中にインクがガンガン回復するため一石二鳥。

サブインク効率(メイン:1個)

逃げ際の最終手段として使う場面の多いスプラッシュボムを、比較的安定して繰り出すためにメイン1つは欲しい。

特にチャージャー以外の相手に積極的に狩りに来られてしまい、対面に持ち込まれた場合は基本勝ち目がないので、おっそいメインを振って牽制するのではなく、ボムを置いて逃げる方が吉。(※よくチャージャーがやる手法)

また、高台でばしゃばしゃ牽制することが多いダイナモローラーテスラには、登ってきた相手を返り討ちにする方法としても、高台ボム設置は非常に有効。(※よくチャージャーがやる手法)

注意したいのは、いくらダイナモローラーテスラとはいえ、ボムのインク消費量はメインより圧倒的に多い点。インク回復をかなり多めに積んでいるとはいえ、このサブ効率自体は1個しか積んでいないので、牽制にまでボムを多用するとインク回復が間に合わない。なにかとボムを投げる癖のあるイカはご注意願いたい。

ちなみに、上記の「カムバック」を不採用にする場合は、頭ギアにサブインク効率をメインで1個、サブでイカ速を3個積んでおくと回避力がアップする。

メインインク効率(サブ:4個)

メインギアで積まなくて大丈夫なの?と不安になるイカも多いとは思うし、実際ワタクシもそうだった。うん、大丈夫! サブ4個分あれば結構なんとかなる!

ただ、運用上前提とするのが、同じ場所で延々と姿を晒しながらばしゃばしゃ牽制し続けてはならないという点。つまり、チャージャーで言うところの「固定砲台」になってはいけないということである。

安全圏からひたすらばしゃばしゃしていたい気持ちはわかる。だが、チャージャーのようなキル射程の無い、しかも振りの遅いダイナモが目立つ場所で延々とばしゃばしゃしていたら、相手から見れば恰好の的。安全圏だと思っていた場所が、十数秒で自分にとっての危険地帯となってしまうのである。

しかも、チャージャーとの違いはやはりキル射程の短さ。

  • 固定砲台チャージャーを見たイカ「あそこに居る! 注意しとくか……」
  • 固定砲台ダイナモをみたイカ「あそこに居る! よっしゃ倒しに行こ!」

もうほんと、なんでだよってぐらい皆が強気にキルしに来る。モテモテか。

だからこそ、インク回復の項目でも述べたように、あちこちに移動しては潜伏し、「あのダイナモどこ行った?」「あのダイナモ、めっちゃ動くぞ……!」と思わせることが重要なのである。よって、長時間姿を見せ続けながらの牽制がつらいダイナモローラーテスラのメインインク効率は、サブギア4個で意外と十分なのである。

スペシャル増加量アップ(サブ:1個)

お守りポジション。

たぶんサブ1個じゃそんなに体感は変わらないだろうけども、一応インクアーマー持ちとして味方サポート感を演出してみたかった。てへぺろ☆

ワタクシ個人の所持ギアの兼ね合いもあって付いているだけなので、ダイナモローラーテスラ向けにしたいイカはメイン効率かサブ効率を1個でも多く付けるといいかも。個人的にはメイン効率推奨。

但し、どんなギアでも、最低でも打開時にインクアーマーを発動させる意識だけは忘れないようにしたい。

その他備考

イカニンジャ

スプラローラーでよく採用されている服特殊ギア。しかし、ダイナモローラーテスラの場合は振りが圧倒的に遅いので、スプラローラーのような潜伏→奇襲戦法が取れない。

また、インクアーマー発動時は光ってしまうためイカニンジャの恩恵が無い、という二点から優先度はかなり低い。

おわりに

イカがだっただろうか?

味方に居ると萎えると言われ続けるダイナモローラーとダイナモローラーテスラ。そんな悲しいこと言うな。重そうなダイナモ担いでるイカちゃんまじ可愛いから。なんなら重そうにダイナモ振ってるイカちゃんも可愛いし、あの細腕でどう振り回してるのかがいちばんの謎だと思うんだ。

ちなみにダイナモローラーではなく、テスラのほうをチョイスしたのは、単純に見た目が好みだったから。金ダイナモの恰好良さはヒロマニュとはまた違った味がある。アンティークな感じがたまらん。

ちなみにトップの写真と以下の写真は、2018年3月3日~4日に行われたフェス「花or団子」の、花陣営の色合いのものだ。ややくすみがかったオトナな色合いの薄紅色が、金古美のスチールボディに映えて美しい。

ダイナモローラーテスラ スプラトゥーン2 Splatoon2

振りかぶるタイミングも難しく、しかし確殺範囲内に一度近づけば消し炭にせんとする高火力を秘めている超重量級金古美ダイナモローラーテスラ。

ちなみにワタクシは今後もちまちまヒロマニュ鍛錬の合間に練習していこうと思っております。だって恰好良いもんな、ダイナモローラーテスラ。

次回は毎月恒例、3月分のデス記録を振り返っての分析と考察をしてまいる所存。以上、スキルはなくとも好きになったブキで楽しむ気持ちだけは誰にも負けないぜ! そんな凡イカの金ダイナモ考察記事でした!

それでは次回、待たれよください!

↓To be continued!!!

スプラトゥーン コインケース
愛するヒーローマニューバーに捧ぐ。 マンメンミ! フェスの開催が告げられた。 お題は「どっちが欲しい? 最新モデル vs ...

 

■【NEW!】ダイナモ初心者だった当凡イカが地道にこの練習を繰り返したら、そこそこ活躍できるようになったぞ!な基礎練習方法の紹介記事はコチラ↓

スプラトゥーン2 Splatoon2 ダイナモローラー ダイナモローラーテスラ 試し撃ち 練習
マンメンミ! ダイナモローラー系ブキにとって、横振りと縦振りの使い分けは基礎でありながら、練習していないと思いの外できないという、...

■逃げ遅れがちなダイナモにもぴったり!?ギア「スーパージャンプ時間短縮」のメイン・サブの効果を0.01秒単位で計測&考察した検証記事はコチラ↓

スーパージャンプ時間短縮 ギア スプラトゥーン2 Splatoon2 ヒーローマニューバー
親愛なるヒロマニュに捧ぐ。 マンメンミ! ヒーローマニューバー、もといヒロマニュの修業を続ける中で、色々なギアをお試しで使うことが多...

■大好きな優男ゲソ型ボーイが遂に来たぜ!!6月4日発売「きせかえギアコレクション2」のレビュー記事はコチラ↓

スプラトゥーン2 きせかえギアコレクション2 集合写真 ボーイ ガール
親愛なる我が推しイカに捧ぐ。 マンメンミ! 予約購入しておいて良かったー!!!(感涙) その名も、「スプラトゥ...

■以前の記事で書いた願望「ロボットボムとかクイボ、スプラッシュボムも出ないかな~??(任天堂社とバンダイ社の方角を見ながら)」がまさかの現実に!!「ブキコレクション-サブウェポン-編」の発売決定に、大興奮のあまり勢いで書いた記事はコチラ↓

スプラトゥーン2 Splatoon2 クイックボム サブウェポン

 

関連記事

スプラトゥーン2 Splatoon2 ダイナモローラー ダイナモローラーテスラ 試し撃ち 練習

【初心者向け】ダイナモローラーの使い方:基礎練方法~横振りと縦振りに慣れろ!~